仮設住宅

熊本、大分の大地震。
熊本城の倒壊を始め、想定外の被害となりました。
一日も早い被災者の復興を願っています。
倒壊の危険のある住宅も1万棟を超えるとみられています。
現在、帰る家の無くなってしまった被災難民の方達に対して、
仮設住宅供給の動きが急ピッチで進められています。
5年前の東日本大震災のときには、計53169戸の仮設住宅が建設されました。
震災以前に準備されていた鉄骨プレハブ住居だけでは供給が間に合わず、
公募によって現地の木材を利用した仮設住宅など様々な仮設住宅が建設されました。
例えば、木造の仮設住宅の建設速度は鉄骨プレハブに劣りますが、
現地の職人さん達に雇用が生まれるメリットがあります。
tono.jpg
岩手県遠野市 耐火集成木材パネルによる仮設住宅
kamaisi.jpg
岩手県釜石市 コミュニティケア型の配置
sumitatyo.jpg
岩手県住田町 住田町仮設住宅 地場木材利用
isinomaki.jpg
宮城県石巻市 高台の上の復興恒久住宅
koriyama.jpg
福島県郡山市 プレキャストコンクリート工法による短工期化
miharu.jpg
福島県三春町 原発避難者受け入れ 長期滞在を想定した木造仮設住宅
神奈川県においても有事に備えて何かできないか?
そんな思いを胸に、同業者と協力しながら、県からの委託により仮設住宅の調査・研究を行ってきました。
例えば座間市にある芹沢公園には、安全で仮設住宅の計画しやすい芝生広場があります。
6坪、9坪、12坪の広さの仮設住宅を配置した場合、下記のような配置計画が考えられます。
zama haiti.jpg
PDF版→haiti zama.pdf
事前に準備しておくことで、初動を早めることができますが、
想定外の事態が起きても、柔軟な対応のできるルール作りも必要です。
これからも微力ながら自分ができることを続けたいと思います。