公園の熊の子

公園の熊の子は寂しい
二匹で相撲をとるのだ
そして 
二匹ともころぶのだ

——————–
加藤健(1908~1945)という詩人によって詠まれた一編。
短いながら、さびしくも、かわいくもある、心に引っかかる詩。