L型長屋住居<東京都杉並区>

設計趣旨

住宅街に取り残された不整形な土地にご依頼いただいた、賃貸住宅の設計。

厳しい法規制ながらも、シンプルなL型平面を持つ長屋を計画することができた。

19世帯分の長屋であり、独立した19の玄関と19の部屋をテトリスのように詰め込んだ。

建物の高さは、周辺の住宅とほぼ同じ高さであり、

また、敷地内には多くの樹木が植えられ、周辺環境との調和が図られている。

建物概要

用  途 長屋(19戸)

構造規模 木造軸組構法 地上2F+ロフト

敷地面積 428㎡

延床積 424㎡(1F:212㎡ 2F:212㎡ ロフト:59㎡)

建築面積 412㎡

最高高さ 7.86m

用途地域 第1種低層住居専用地域

設計監理 HANAKENCHIKU 花田茂

施  工 (株)MARUEI 吉野陽 佐久間啓太 島川聖良

間 2018.2-2018.3

間 2018.3-2018.9